せっかちで周りにペースを合わせられずにいる人もいるでしょう。
看護師として働いていてそれを実感することも稀ではありません。
誰もが自分にとって心地よいペースがあるものであり、
そのペースが周りと調和していないとストレスを感じてしまいがちです。
せっかちな人ほど周りが遅いとストレスを感じてしまうでしょう。
それが嫌になってきてしまったら職場を変えてみるのが良い方法です。
看護師の職場でせっかちさが功を奏する現場として最も典型的なのは救急医療の現場でしょう。
常にスピードが求められるのが救急医療の特徴であり、
全ての医療スタッフが緊迫感の中で働いているのが一般的です。
スピードだけでなく正確さも要求されるのは通常の医療現場と同様です。
せっかちであってもうっかりのミスをあまりしないという自信があるなら思い切って救急医療の現場を志望してみましょう。
異動を申し出ても、他の医療施設に転職しても構いません。
せっかちな性格を生かせる数少ない現場となっているのが現状であり、自分の特技を無にしないためにも一度は検討してみると良いでしょう。
ただし、スピードがあってもミスが多いという場合にはある程度のスピードで働ける職場でミスをしないように働くトレーニングを積んだ方が無難です。
その条件をクリアしたら救急の現場に行くと人材として重宝されるでしょう。
せっかち過ぎるとのんびりとした職場では疎まれることもあるため、
スピード重視の職場を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です